妄想と現実と中距離恋愛

大学生の駄文です。

チョコファッションドーナツ

授業が終わって軽く友達と雑談をしたあと、僕は電車に乗った。小学校から続けていたサッカー部に大学でも入った僕は、その日久しぶりの用事がない放課後で、ゆっくりと帰ろうとガラにもなく外を眺めながら電車にのっていた。
大学の最寄りから一駅、携帯をいじるでも音楽を聴くでもなく外を観ていた。すると、みたことのある女の子というには大人な、しかし女性というには子供な人が乗ってきた。数十分前まで同じ教室で授業を受けていた、同じコースの人物だ。スミレという名前がすぐに思い出されるくらいには知っている。しかし、話したのは数回、しかも業務連絡だったので回数として数えるかどうかすら怪しい。2人きりで遭遇するのは初めてだったのでどこか緊張してしまい、そのまま視線をそらそうとする。
彼女は僕の存在にいち早く気付き、下から見上げるように僕のことを見つめた。身長が160センチもない僕からしても小さな彼女は何センチくらいなのだろう、意味のない疑問を抱く。
開封したばかりであろうコンビニのドーナツをくわえていた彼女はさくっと小さな音をたてて口の中にドーナツをいれ、少し頬を膨らませて僕に微笑みながら右手で手を振った。僕もつられて柱をつかんでいない右手で手を振り返す。電車が出発すると彼女は僕の立っていた側のドアに寄っ掛かり、もぐもぐと口を動かしながら耳に挿していたイヤホンを抜き、
「帰り、遅いね?」と話しかけた。
「あ、うん、ジュンと話してたから」
そっか、ジュンは逆方向だもんね、と僕の友人の名前を口にする。僕のことは、多分、苗字に君付けだったはずだ。
「これ、食べる?今から出かけるからつい買っちゃった。」
彼女が僕のほうに一歩踏み出し、持っていたドーナツを差し出す。ありがとう、と右手を出す前に彼女のドーナツを持つ左手が僕の口元に近づく。おいおい、と思いつつ先ほど彼女が食べて欠けたドーナツを見つめる。口を開けると、チョコとオールドが半々になった部分が僕の歯に当たった。さくさくと小さな音がなり、僕の喉の奥にまでドーナツが入った。
僕が咀嚼したのを確認したかのように彼女は微笑んで、また、食べ始める。
おいおい、と2度目の思考をした。間接キスなんて気にする年頃はとっくに過ぎているものの、少しばかりは動揺してしまった。
ドーナツを飲み込んで少し手持ち無沙汰な気持ちになった僕は、どこに行くの、と彼女に質問をした。彼女は先ほどと同じようにドーナツを飲み込んでから「ライブ、六本木まで行くの、」と答えた。ブラウン色で軽く巻いたショートボブのちょっとだけ清楚な彼女の見た目からは想像のつかなかった。案外アクティブな趣味持ってるんだなと思う。返事をし忘れた、と思い慌てて「デートかと思った」と返した。
「彼氏はね、先週会ったから次は丸一ヶ月後なの、」
彼女はさらっと返す。1ヶ月後、と小さく繰り返す。そう、1ヶ月後!とニコニコ彼女は復唱した。その笑顔には1ヶ月なんて長さへの不安が少しも感じられなかった。
「ねえ、身長何センチなの?」
僕は続けて質問をする。「148!もうね、伸びなくなっちゃったの、岡崎くんは?」ああ、やっぱり苗字だよな。そんな気持ちを胸にしまい160、と答える。あ、彼氏より小さかった!164だったかな〜彼氏、それでも小さいけどね、と下を向きながらクスクスと笑った。なんだ、意外とのろけるタイプなんだなと思う。
その後、授業の話や共通の友人の話をしているうちに20分が経っていた。
「あ、私ここで降りるんだ」と彼女が言い、パスモを取り出した。電車が止まり、僕は姿勢を立て直す。不意に、彼女の顔が、右手が近づいた。人差し指から金色の指輪が光る。僕が考える間も無く彼女の人差し指は僕の唇の端に触れた。
「ドーナツ、ついてた。じゃあまた月曜日ね、ミナトくん。」
彼女は人差し指についたドーナツのカケラを親指とすり合わせるようにして落とし、20分前と同じように手を振った。僕はこの一連の流れに驚きを隠せずにいたが手を挙げる。
彼女が僕が立っていたのと反対側のドアに向かう。外から吹いてくる風では彼女の短い髪は揺れなかったが後ろ下がりのスカートを揺らした。そのスカートは僕が食べたドーナツのチョコとオールドの部分を足したようなブラウンをしていた。
あざとすぎだろ、と誰にも聞こえないようにつぶやき、ドア越しに彼女を見つめる。彼女は僕の方を振り向かず、白いイヤホンを耳にさしていた。右手で左耳にイヤホンを指す様子が美しかった。
間接キスとも取れる彼女の小さな手に握られたドーナツ、下から見つめるその瞳、そして唇についたドーナツをとる手。恋に落ちる前で良かった、と思う時点で恋に落ちていたのだろうか。
僕は安堵なのかため息なのか自分でわからないまま息を吐いて、また外を見ていた。

Twitter

はじめました。

やってたけどこれ用のアカウントつくりましたー。

 

どうぞどうぞ。

@suzu_ra_sa

ひとりごと

春は赤い公園が聴きたくなるし

夜はMOROHA が聴きたくなるし

深夜はゲスの極み乙女が聴きたくなるけど

 

聴くならどれも散歩中がいい

 

バラ色の日々

私の話をします

私が1番好きな映画はソラニンです。今も何回目かわからないそれを流しながらこの文章を書いています。最近はまっている、というか頭から離れないのがMOROHAさんのバラ色の日々です。

今日、バラ色の日々について検索しました。MVを見たというていで文章を書きます。

恋人目線で写真を撮ったMVは何個か見たことがあります。My Hair is badさんの恋人ができたんだや、never young beachさんのお別れの歌がそれにあたりますね。私はその手のMVが、曲が大好きです。もっと恋人と写真を撮りたくなるし、撮らなかったことを後悔するし、恋人に会いたくなります。

私には中距離恋愛をしている恋人がいます。地元が同じ人で、今は片道2時間、電車賃も学生にとっては痛いくらいの距離感です。お互いの生活を成り立たせるためにということもあり、1ヶ月に一度だけ会っています。

 

話を戻します。バラ色の日々について検索しました。これも他の曲と同じようにそれように撮影された写真たちなのかな、と。

違いました。映像作家のエリザベス宮地さんが元恋人との失恋を成仏させるために、付き合ってきた2年間の日々に撮ってきたものをMVにしたのだということでした。

私は驚きました。恋人目線といっても目の前にカメラマンがいて、それで撮っているのだと思っていたから。だからあんなリアルな自然な表情が仕草が出ていたのです。

 

 

ソラニン芽衣子が種田を失った形とは違いますが、バラ色の日々でも恋人をそばから失っています。私は自然と自分と恋人とのことと置き換えていました。もし、帰ってくるといって恋人が帰ってこなかったら。もう会えなくなったら。あれだけ私の前で笑顔を見せてくれた彼が私の目の前からいなくなる日がきてしまったら。

胸が痛くなるではおさまりません。失恋は何度もしたことがあるしふったこともふられたこともあります。でも色々な音楽を知って映画を見て、尚且つ中距離恋愛という会えそうで頻繁には会えない、相手が今どこにいるのかわからない状態だと心情はがらりと変わりました。不謹慎な話なのであまり口にはしたくありませんが、今日彼が私と連絡がとれなくなる状態になってもおかしくありません。(私と彼はほとんどLINEをしません、電話も週に1、2度くらいです)そのときは誰に連絡をとればいい?彼の大学の友達など1人も知らない、彼の親のことも、実家の場所もわからない。一度だけ行ったことのある彼の今のアパートも1人で行ける自信はありません。

頭が混乱しました。だからといって頻繁に連絡をとろうという気持ちにはなりませんでした。だってそうしたらお別れが近くなってしまう気がしたから。

就職してこれ以上距離が離れてしまうかもしれません。その時に会わなくても我慢できる練習をするために今から会える頻度を減らして連絡をとる回数を増やす、のではなく、会える頻度が減った時にも寂しくないように会える時に全力で楽しみ、今のままでずっと続くような日々を過ごしていけばいいのだと思いました。

 

バラ色の日々とソラニン、どちらも明るくて暗く、嬉しくて寂しい作品ですがどこか繋がっています。恋人に会いたくなる作品だと私は自信をもって勧められます。一度、見て見てはいかがでしょうか。

 

私は週末恋人に会います。私から久しぶりに手を繋いでみようと思います。

日の出は5:32

4月なのに気温は20度を軽く超え、夏かと思えるような日、スミレはバイト先である小さな居酒屋のバーテンダー仲間、店長、常連さん、合わせて15人くらいで海に来ていた。バーテンダー仲間といっても同年代はゼミやら部活やらで欠席で、20代はスミレ1人だった。いい意味で歳など気にしないバイト先であったため、バーベキューの準備やら、常連さんの子供とキャッチボールやら、各々のやりたいように過ごしていた。

3時を過ぎ、何人かは夜に用事があるから、と帰った。余り酒を飲んでいなかったスミレは酔っ払ってテントで寝てしまった店長や常連さんをおいて、子供たちとキャッチボールをしていた。球技が得意でないスミレはボールを1発でキャッチできない。

「次おれの本気でいくからね〜!」

と言った6歳の言葉にもひよってしまう。案の定ボールはスミレの股の間をすり抜け、20mほど先までころがっていった。

やっと追い付いた、と小さなゴムのボールを胸にかかえて顔をあげると、

そこにはどこか懐かしい、苦しい景色があった。

他の家のテントが幾つも並んでいる間に1つ、よくあるベンチ。近くにはアイスクリーム用のとドリンク用の自動販売機が1つずつ。やっぱりそうだ。そのベンチから見る海の景色が綺麗なことをスミレは知っていた。あ、と声が漏れる。

 

 

スミレはちょうど1年半前、3年間付き合っていた彼氏との遠距離が8ヶ月を迎え、別れようとしていた。友達には別れを止められていたものの、唯一賛同してくれたのがタクトだった。タクトはサークルを通して知り合った、同じ学科の友達だった。大学1年生の秋だっただろうか、大学が三連休だったため、スミレは堕落した生活をしつつもタクトとのことを考えていた。スミレは悩みに悩んだがもう別れしか頭になかった。なのに、気付いたときには「別れるか迷ってる、相談にのって」とタクトにLINEをしていた。三連休2日目の夜だった。

夜10時、タクトとは2人の家の間にある公園で待ち合わせた。2つあるブランコにお互い座り、キィ、という音を鳴らしながら言葉を交わす。スミレはもう自分の中で出ている結論を胸に抱えたまま、タクトに恋人の話をした。不思議と、罪悪感は湧かなかった。

結論を逃がした状態で、夜の学校に行きたい、とスミレは言った。そのときタクトもスミレも19歳、酒は入っていなかった。ただ今思い返せば、あのときのスミレは酒を飲んだときのようなフワフワとした感情があった。

2人で夜の大学に向かった。警備員はいなくて、セキュリティーどうなってるんだろうね、と2人で笑った。裏に山があるがそこには行かなかった。怖い、とどさくさに紛れてスミレはタクトの着ていたパーカーの裾を掴んだ。

 

何をするわけでもなく小さなキャンパスをぐるっと回ったあと、おでんが食べたい、とスミレは呟いた。タクトは全く反論をせず、微笑みながらいいよ、と言った。大根と、ちくわと、はんぺんと、糸こんを買った。もらった柚子胡椒を全て入れたあと辛い、とスミレが騒ぐと俺は柚子胡椒辛いの知ってたよ、と返す。なんで止めてくれないの、とスミレが笑いながら怒る。スミレの頭の中には恋人の存在はいなかった。

おでんを食べて身体が温かくなってきた。時刻は午前4時。タクトもスミレも翌日に用事はなかった。スミレは、日の出が見たい、今まで見たことがない、と言った。タクトは、いいよ、見に行こうと言った。タクトはスミレの願いを全て叶えてくれた。

2人が10分ほど歩いた先に、海が見えた。朝4時半の海には誰もいなく、まだ薄暗い空が広がっていた。スミレは視線の少し先にあったベンチに向かって走る。2つの自動販売機が安っぽい光でベンチのあたりを照らしていた。タクトはそれを微笑みながら歩いて追いかけた。日の出の時刻は5時半。ベンチに2人並んで座った。そこに、距離はなかった。ちょっと寒くなっちゃったね、でも自販機まで立つのはめんどくさいね、とスミレが左手を左脚の横に置いた。そこにタクトの右手があることをスミレは知っていた。タクトは何も言わなかった。スミレは指を少し動かした。それに合わせてタクトも指を動かす。タクトの手の甲の上にスミレの手のひらがのる。2人の指はちょうど重ならない。タクトは少し、手を浮かせた、あ、とスミレが思う間も無く、タクトの手のひらはスミレのそれに重なった。やっぱり、指は重ならなかった。2人の指はゆっくりと閉じた。手と手の、指と指の、隙間がなくなった。これは、夜のテンションってやつかな、とスミレが呟く。いや、もう朝だよ、とタクトが返す。2人の視線の先から少し右にずれたところ、遠くの建物の陰から日が昇った。

スミレは右手で携帯を取り出した。「ごめん、好きな人ができた。別れたい。自分勝手でごめんなさい。」そう膝の上で打つ文章は無論タクトの目にも入った。携帯をしまう。時刻は5時半をすぎていた。タクト、と言いながら左を向く。ベンチに座って初めて2人の視線が重なった。タクトが好き。と呟いた。タクトはうん、と返し、微笑んだ。繋いでいないほうの手でお互いの頬に触れる。朝日は、2人の重なった額の影をうつした。

 

朝7時に海を出て、タクトはスミレを家まで送ってくれた。何でも願いを叶えてくれたタクトが1つだけ、スミレに要望を出した。付き合っていることは誰にも言わないで、と。スミレも別れたばかりだし、と受け入れた。スミレの家にタクトが来るのが2人のデート。その背徳感がスミレには嬉しかった。じゃあ、また来るからと手を振り、タクトは家に帰った。最後まで2人の手は繋がっていた。

 

タクトはここまでの数時間できっと叶えてやれる願いを全て叶えていたのだ。

 

タクトのまた、は何度もなかった。付き合った最初の月に週に2回だったタクトの訪問が、次の月には週に1回になり、年をこすころには2週に1回になった。2月にあったタクトの誕生日は、祝えなかった。その月は、友達に祝ってもらうから、帰省するからと何かしら理由をつけられて一度も会わなかった。

 

そのまま2ヶ月が過ぎた。

電話は通じて五回に1回。あとは今バイトだから、友達といるからだった。電話ではいつもスミレが泣いた。会いたい。会いにきて。と。タクトは無理だよ、俺も忙しいしスミレちゃんも秘密にしなきゃでしょ。と言われた。そう言われたら友達より優先してよ、という言葉はいつも引っ込んだ。タクトの家に行く、と言うとそんなことしたら追い返すからね、と言われた。あのときのような微笑んだ雰囲気は少しも感じられなかった。

何度もスミレは泣いた。電話が通じたまま携帯電話をベッドに投げて、無言になった通話を切る、ごめんね、と文章で打つ。既読にならなくて泣く、泣いて疲れた寝る、そんな春休みを過ごした。

 

いつのまにか、大学2年生になった。タクトから別れを告げられた。最後に会ってから3ヶ月経っていた。声を聞いたのもいつが最後かわからない。スミレには抵抗する気力もなかった。

 

そこからは連絡も取らなかった。学校で遭遇してもスミレからは目を合わせなかった。

 

誰も知らなかったから何もなかったことに出来る。そう思っているうちに全てを忘れていた。スミレにも大学2年の冬に恋人が出来、もう付き合って半年になる。タクトにも後輩の恋人が出来たらしいと耳にした。どこで繋がった人なのかは覚えていない。

 

 

 

 

「ねえお姉ちゃんまだー?」

振り返ると子供が呆れた顔でこちらを見ていた。気がつくと15秒ほどはベンチを見ていた。ごめんねごめんね、思いっきり投げるからお姉ちゃん疲れちゃった、と言いながらベンチに背を向ける。肩につかないショートボブが優しく揺れた。居酒屋でバーテンダーをするこのバイトも、髪を10センチ切ってボブになったのも、ここ1年くらいの出来事だ。忘れた頃に来よう、そんなことも忘れているだろうけど、と思いながら大きく振りかぶってボールを投げた。スミレの後ろから太陽がスミレを照らしていた。

言葉選び

お題「好きな作家」

 

好きな作家…そうですね、今は有川浩ですかね。ベッタベタの甘さ。もうベタとかいうレベルじゃない。自然体のベタさ。自然体にいたらいてほしくないけどあってほしいそんなベタさ。定番かもしれませんがストーリーセラーが好きですね。本屋で1冊丸ごと立ち読みしたのがもう何年前だろう…そのあとやっぱり買いました。一人暮らしして、今の家にもあります。

 

有川浩の小説は映像化してほしい気持ちとしてほしくない気持ちが五分五分ですね、正直。(笑)

私個人の話ですが文章を読むときも書くときも昔から並行して映像を頭に思い浮かべるのでそれが頭の中で軸になっているのでね、固定観念ってやつです。

 

まとまんないので終わります(笑)

 

 

小学生のときにははやみねかおるさんや重松清さん、令状ヒロ子さんが大好きでしたね。

小学生のときには1週間に2、3回は学校の図書室で本をかりて、週末には市の図書館で5冊借りてをしてましたね、懐かしい。

小4のときにはたしか1年間に借りた冊数が全校トップになったな、あのときに読んだ本の語彙力が今ほしい。

 

私の地元の友達の先輩に工藤玲音さんという方がいるのですが、その方が文章とか短歌を書いてる方で、その人の言葉選びが大好きです。

 

まとめると、言葉選びがキラキラしてる人が好きです。私にも語彙力がほしい。

 

細々とですがこのブログで短編小説を書いています。もしよければ閲覧、コメントなどお願いいたします。

苦手な自己紹介

今週のお題「自己紹介」

何様だと思われますがこのご時世、身バレしない程度に自己紹介します

 

名前 すず

出身地 岩手県 半年間帰省できないことが判明しショックを受けています…

在住 横浜市 三年目です…ようやく慣れてきました

誕生日 夏と春の間 昔は梅雨が季節だと思ってました…(笑)

年齢 大学3年生 院まで進む予定なのでまだ折り返してもないです…

好きな食べ物 唐揚げ ラーメン ネギ 魚

嫌いな食べ物 カレー ロールキャベツ レバー

好きな歌手 Superfly L'Arc〜en〜Ciel キュウソネコカミ 忘れらんねえよ でんぱ組.inc などなど

わりと幅広く好きです 

カラオケ行くと基本誰のでものれる

身長 154.5 じわじわと伸びてます

 

自転車(ママチャリ)とちょっとした自炊と洗濯と読書と本屋めぐりとライブが好き

 

 

自己紹介なんて高校生以来…

お手柔らかにどうぞ