妄想と現実と中距離恋愛

大学生の駄文です。

小説家になりたくて

同じような人に憧れてきた

 

長いスカートをはいて

ちょっと個性的なコートを着て

めがねが似合って

黒髪のボブで

写真がうまくて

そして何より

文章がキラキラしてて

 

音楽か文章で人を引き付けたかった

自分にはそれしかないから

でも書けば書こうとするほど

何かを研究して

それに近づいてしまって

どうしようもなくて

また戻って

葛藤して